就職試験の注意点

就職試験を受けるときには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。はじめに問題集を就職試験のために用意する場合どんなことに気をつければ良いでしょうか。毎年少しずつ変化しているのが、就職の筆記試験は出題傾向です。出来るだけ新しい就職試験本を使うほうが良い結果を出すことができるかもしれません。先輩から譲り受けた古い就職試験本を使っている人もいますがそれはあまりおすすめできません。

また購入する前には必ず、発行日の新しい本を選ぶことが大切です。表紙カバーだけを最新の物に変えて、中身は古いままといった就職試験の対策本も出版社によってはあるからです。面接試験は、もちろん就職試験の中で最も大切だとされています。面接や性格適性検査では、ありのままの自分も大切ですが、自分に厳しい判断をしたり、あまり正直に答えるとマイナス評価につながりやすいので、理想の自分像を描いて受けてみるのも良いでしょう。

企業がエントリー時の絞込み対策としても性格適性検査は実施しているので、慣れておくことが重要です。自宅で受験するWeb版の性格適性検査の場合には、パソコンの環境を整える事も重要です。テスト前に落ち着いて準備しておきまししょう。設定方法の説明等はありますので心配ありません。

実際に企業に訪問して就職試験を受ける場合には、電卓や筆記用具、計算用紙、時計等を用意し、気持ちを集中して臨みましょう。受験者全てが同じ問題とは限らないのが、規模の大きい就職試験の会場で試験を受ける場合です。この場合は回りの動きに惑わされず、自分のペースを崩さずに試験に集中しましょう。

就職試験の傾向と対策

どんなものが就職試験にはあるのかご存知でしょうか。新卒の方の就職試験には、ほとんどの場合、筆記試験があります。国語や算数の基礎能力や性格適性を調べる検査や、一般常識や時事問題、語学といった学力や知識を試す就職試験などがよく行われる試験だといいます。ほとんどは新卒採用の就職試験で実施される筆記試験といっても、大学受験の様に難しいレベルではないでしょう。

ですが問題数が多いのに制限時間が短いのと、解き方をすっかり忘れてしまっている計算問題等がある為、毎年この就職試験で苦戦する人が多いのも事実です。日頃から言語問題に関しては、試験対策用の問題集などを使って漢字や熟語、語句の意味等を勉強しておけば大丈夫でしょう。そうすれば就職試験が近づいても慌てずに余裕が持てるでしょう。

欠かせないのが文章を早く読む、要旨をすぐにとらえるといった練習です。文章整序や長文問題も必ず出題されるからです。次に非言語問題は、解く速さがとにかく求められますので、まず簡単な問題を中心に何度でも繰り返しやってみることが、算数が苦手な人にはおすすめです。また単純な計算問題はたいてい出題されますので、反射的に回答出来る様になるくらい問題を解いておきましょう。

性格適性検査の対策は、事前に各種情報サイトで適性・適職診断を受けておきましょう。この性格適性という試験では、全体のバランスの良さが見られるものです。ですからこの就職試験の対策は自分の極端な部分や足りない所を知ることなのです。

就職フェアの利点

就職フェアのいいところは、短い時間の中でたくさんの企業と接触できることです。多くの採用担当者と話が出来る機会は、就職フェア以外にはあまりありません。遠慮せず、面白そうな会社があったらどんどん行ってみましょう。多くの企業が参加しているので、どこか目にとまるところがあるでしょう。話を聞いている内に興味が湧いてくる場合もありますので、せっかく就職フェアに行くのなら時間を有効に使いましょう。

時間に余裕があるのならば、全然魅力を感じない企業の説明も受けてみることも大切なポイントです。就職フェアでは、もしかしたら、お目当ての企業ブースのひとつ隣の企業ブースが、貴方の理想の会社なのかもしれないのですから。全然知らない分野の説明を聞ける機会は就職活動の時くらいですし、将来にわたってメリットになるかもしれません。

志望する業種や企業がはっきり決まっていないのであれば、時間の許す限り就職フェアに参加している企業の説明を色々聞いてみるのも自分を深めるチャンスかもしれません。企業を物色できるのも就職フェアの利点ではないでしょうか。実際に働いている人と直接顔をつきあわせて話す機会を得られるというのは、就職活動中でいい会社を探してる側としては何にも代え難い魅力です。

採用担当者は会社の顔だと言われます。採用担当者の態度や顔付きから、会社の内情が見え隠れすることだって十分あるのです。就職フェアでその会社に勤めている人の話を聞き、自分の感じた印象に基づいてその会社を判断できるのは、人づての評判だけで判断するよりずっと役立ちます。

就職フェアと履歴書

職務経験書や履歴書を用意していなくても、就職フェアには問題なく参加可能です。ですが、就職を希望したい会社が就職フェアに参加していることがあらかじめ確認できているならば、履歴書や職務経験書を持って行った方が役に立つことでしょう。履歴書や職務経験書を出すという形で、就職にかける意欲を相手に伝えることができるからです。

それ意外にも、希望する会社が就職フェアに参加していないとわかっていても、履歴書は使い勝手があります。採用を希望する業種があるならば、そういったアピールを履歴書に書いた上で会社側に提出することができるからです。明確な志望動機の書かれた履歴書があれば、採用担当者に自分自身を強く印象づけることが可能です。

就職活動で成功する上で重要な点は、履歴書や態度を通して、自分自身は会社に有益な人材になりえると担当者に伝えることなのです。能力があると思ってもらうことも大事ですが、働く意欲があるかどうかも見られています。企業側も優れた人材を探しに来ています。

ここに就職したいという強い意志が感じられる人間は、就職フェアに送り込まれた採用担当者から見ると、まさに渡りに船というわけです。就職フェアに来てはいないだろうと思っていた会社でも、思いがけず参加していたという展開もあります。いつでも取り出せるように履歴書や職務経験書を携えて就職フェアに参加すると役立つことがあるでしょう。

就職フェアについて

就職活動の際には、就職フェアという合同会社説明会に行くという方法があります。就職フェアには、毎回多くの企業が優れた人材を求めてブース参加をします。そして、各ブースに出席している担当者が、求職者の説明に答えたり自社のアピールをするのです。就職フェア会場には、様々な会社が一同に会しています。求職側も、特に限定がなければ新卒者から転職希望者まで様々な人がいるので、見聞が広がります。

新たな会社での就職を目指しているという人は、就職フェアで担当者と直接話をし、感触を確かめることができます。現在、就職フェアは全国各地で行われており、日時も特に定まってはいないので、関心をお持ちの方はぜひネットなどで調べてみることをお勧めします。自分の希望にぴったりと合った企業と出会えるチャンスが就職フェアにはあるかもしれません。

就職フェアへの参加は無料で、しかも履歴書や職務経歴などの煩わしい書類も必要ありません。さらに建設会社からIT企業までと、業種も実に多種多様なので、今まで眠っていた自分の才能を開花させるきっかけになるかもしれません。失敗のできない就職活動の場として固く考えずに、新しい可能性を見いだすきっかけとして就職フェアに足を運ぶという考え方もいいのではないでしょうか。

一度にたくさんの企業の採用担当者と話ができるのも就職フェアのメリットです。ネット求人やハローワークでは知り得なかった会社とめぐり合える可能性も就職フェアにはあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。