政府の就職支援対策

国家の就業サポートとは、どのようなことをしているのでしょうか。会社で再チャレンジで求職をしている人を採用した時に行う税の優遇や、表彰制度が内閣官房の再チャレンジ担当室のプロジェクトとして進んでいます。また、公務員のフリーター枠確保もされているようです。

当時の総理大臣だった安倍晋三氏が提唱したものが再チャレンジ支援です。例えば大卒後の進路や大学での就学にくじけた人であっても、何度でも新たにチャレンジができるというものです。フリーターの就職を支えるために厚生労働省が作ったものとして、若者自立塾があります。

3ヶ月から6ヶ月の間、自立を目指す若者達が一つの施設で一緒に暮らしながら仕事の心構えを身につけたりワークショップを行うものです。この就職支援にかかる費用は一部自己負担(10〜40万円)となっています。厚生労働省の目標は、卒業生の7割が半年後迄に就業する事としています。ですが、実際の半年以内の就業率は半分を切っています。

ですが支援内容はまだ足りない部分があり、すべきことはをもっと考えるべきだということを自立塾を運営する法人団体は述べているようです。働き手側の職業への認識や就職意欲が落ちていることが原因だと、文部科学省は見解を出しています。

そこで、就業意識を高めるためのプログラムを主眼に置いて文部科学省は計画を立てています。職場体験では近くのスーパーや保育所などで実際に働いてみたり、生徒の総合学習で予防学習を行うといったプランが作られています。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。