就職支援と労働市場

就職支援について、若者に農業に就かせることを実施すれば、ニート問題は解決すると衆議院議員により発言された事があります。ですが、国内の労働環境は根元からニート問題を解消できるような結論が出ていないというのが現実で、農業支援を行っても急ごしらえの対策にしかなっていないといえます。

ワークシェアリングという、従業員同士で雇用を分け合って各々の労働時間を短くする方法についてもあまり議論される事がないようです。毎日一生懸命働いているのに、最低限の生活水準の維持すら困難な収入しか得られていないというワーキングプア状態にある人もいます。労働者を取り巻く環境については、正社員並に働いても足りないという状況についても何らかの方策を打つべきです。

これまで失業者や貧困者によくあるパターンとは大きく違っているのがワーキングプアで、働く貧困者という名称もつけられており、なかなか重要な課題です。今までとは異なる新しい貧困のパターンとして、ワーキングプアの問題はクローズアップされています。ニートやフリーターだけでなく、他にも様々な労働に関わる問題が表に出てきています。

ニートやフリーターやワーキングプアのいずれも労働市場の性格に関わる問題です。働き手の持つ諸問題、働き過ぎの問題や権利問題、それまでの考え方が通じないほど変わってしまった労働市場の状況と合わせて就職サポートを検討するべきでしょう。企業や政府がいくら就職支援対策をしてくれても、実際就職するのは若者自身なのです。

インターネットでは最新の情報が手に入りますし、フリーの就職情報ペーパーもあります。就職活動に必要な情報は昔と違ってあちこちにあります。国家や会社の支援策は進んでいますがそればかりあてにはせず、働くことを見つめ直してまず将来像を持つようにしましょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。