紹介予定派遣で仕事を探す

紹介予定派遣とは、正社員になることを前提に派遣先で最長6ヶ月間、派遣社員として仕事をします。労働者側は、ここはフルタイムで雇われたい会社かどうかを、派遣されている間に見極めて判断を下します。派遣社員として一定期間働いてもらうことで、会社サイドも、正規に雇うかどうかを判断できます。

そして、あらかじめ決まっていた派遣契約が終わる時に、紹介予定派遣会社が仲立ちして双方の意向を確認するのです。そして、互いに希望が合えば、その人は正社員として引き続き雇われます。会社側が正社員として雇いたくなかったり、契約社員側が雇われたくなかったら、派遣期間が終わった時点でこの話は終わりです。

この紹介予定派遣を利用するには、人材派遣会社へ登録する必要があります。具体的にどの会社に派遣されたいかについては、登録と同時に担当者がついて細かな説明をしてくれつつ、希望条件に合う求人中の会社を見せてくれます。最終的にどの会社に予定派遣を頼むかは、候補にあげてもらったものの中から希望に合うものを選択します。

いい業務と巡り会えたなら、紹介予定派遣会社の仲介で事前面接を行います。普通に派遣会社に登録して派遣に行く場合は面接はありませんが、正社員になることを前提に採用される紹介予定派遣では、事前面接をされます。数多くある求人情報を一つ一つ自分で目を通し、採用されてみなければ会社の本質がわからないような状況で求職活動をするより、紹介予定派遣会社に登録すれば仕事を紹介してもらえ会社の様子見もできます。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。