就職ガイダンスとは

新卒者など、最初に就職をする人のために開催されるものに就職ガイダンスがあります。何をすると就職活動ではいいか、どのような考え方で取り組むべきかを解説してもらえます。特定の内容について、そのことについての経験がない人を集めて基本的な手法を教えたり簡単なガイドをする会合がガイダンスです。

ひとつの例えとしては、テレビやクーラーなどの家電が突如動かなくなってしまった時などは、サポートセンターに電話をするでしょう。どのような型番で、不具合の内容は何なのか。主としてどの部分に不具合が出ているのか。そういったことを、サポートセンターの人に直接話しをする前に、案内に従って番号を押していくことがありますが、こういうものがガイダンスです。

この場合のガイダンスは、ある事柄が家庭用電化製品になります。ガイダンス主は電話の音声誘導であり、サポートの依頼のために連絡をしてきた人に対してガイダンスを行っているものです。就職ガイダンスには、大学内で行われる就職ガイダンスや企業が行う就職ガイダンスのほかにも、公共機関が行う就職ガイダンスなどがあります。

国内の学生だけでなく、留学生を対象にした就職ガイダンスも最近では増えてきているようです。一口に就職ガイダンスといっても、その目的や内容は主催主や対象者によって変わりますので、事前に調べてから行くといいでしょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。