高校生の就職ガイダンス

高校生の就職ガイダンスは大学生を対象とした就職ガイダンスに比べ、開催回数は少ないようです。大学生を対象とした就職ガイダンスよりも内容は若干薄くなるようですが、高校生を対象とした就職ガイダンスは、各地域、各学校などで開催されています。高校生が卒業した後、進学せずに就職する割合は年々下降してきているようです。また、高校卒業後、就職希望者が希望の会社に就職できる割合は高まる傾向にあるようです。

しかし、現実として就職後3年以内の離職率が高まっているのです。このような短い期間での離職率が高い傾向は、送り出す高校側にとっても採用する企業側にとっても、評価が下がる原因になるかもしれません。離職率の上昇傾向を押さえるためにも、高校生向けの就職ガイダンスを有効に活用したいものです。

高校生を対象とした就職ガイダンスは大学生などを対象とした就職ガイダンスとは内容にも若干の違いがあるようです。今から初めて就職をしようとする、まったくの初心者のための就職ガイダンスだといえるのが、高校生を対象にしたものです。大学生などを対象にした就職ガイダンスと、初歩的な説明、案内、手引き、指導、そのために開かれる催しである点においては違いはないといえます。

ただし就職を希望する高校生に対しては、就職活動の支援だけではないのです。そこが大学生とは異なるかもしれません。働くことの意味や目的を、自分自身でよく考える時間を与える場として就職ガイダンスが活用されているようです。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。