就職内定を得る為の面接

面接で好印象を与えることができなければ、内定は得られません。就職内定を得る為には、前日の準備も大切です。働きたいという意志をアピールすることが内定に近づきますし、面接のやりとりも進めやすくなりますので、会社について事前調査を忘れずに。内定が得られるかどうかの違いは、ほんの小さなことからかもしれません。

また、面接日は時間厳守を心がけ、10分前には現地に到着しましょう。服装は相手に不快感を与えないように心がけましょう。遅れてしまっては面接を受ける前から内定を放棄しているようなものですから、最低でも5分前行動で動きましょう。面接会場に着いたら、もうその場から面接は始まっています。待ち時間や受付の人への態度もチェックされている事があるので注意が必要です。

最初の挨拶は、椅子に座っていたら立ちましょう。そして、自信を持って相手と会話をすることが大事です。相手と目を合わせず、小さな声で話していては内定はもらえるはずがありません。就職の意欲を見せ、はきはきとした受け答えを目指しましょう。辞めた会社のことを悪し様に言ったり、過度に自己弁護をしてまわりをおとしめるような態度は控えましょう。

そして、内定をもらうためにはポジティブな姿勢を示すことがポイントです。面接の場では志望の動機を聞かれることが多いですが、その際、新しい会社での展望を語れるといいでしょう。内定をもらうためにも、担当者からこの人と同じ会社にいたいと思ってもらえるよう頑張りましょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。