面接後から就職内定まで

就職の内定をもらうまでの道程は、面接が終わってからもまだ続いています。面接終了後にもすることはあるのです。面接が終わっても、結果通知をもらうまでは内定かどうかは決まっていません。いわば、通知直前のギリギリまでが就職活動です。面接を終わらせたら、そう日を空けないうちにお礼の電話を入れましょう。

会社の状況によってはメールでもいい時もあるようです。採用担当者も血と肉の通った人間ですから、肉声で直接感謝の意を伝えることで、相手にいい印象をもらってもらえます。お礼の電話を入れる時には向こうの立場に立って考えながら話すといいでしょう。確実に内定をもらうためには、電話より手紙でお礼をして丁寧な印象を与えるという方法もあります。

就職活動中は実践してみてください。本やネットで調べるとお礼文に書くべき内容は簡単に見つかりますが、内定をもらえためのお礼状ならば、自分なりの個性のある手紙を書く姿勢が重要となります。形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。臨機応変に面接に行った企業のカラーに沿った礼状を考えてみましょう。

逆に、一旦もらった内定を辞退するという場合もあります。そうなったなら、間をおかずすぐに連絡を入れます。この通知もまた丁寧に礼を尽くすのが常識です。他の会社で就職内定が貰えたからといって、ないがしろにしてしまうのは好ましくありません。今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。