就職フェアと履歴書

職務経験書や履歴書を用意していなくても、就職フェアには問題なく参加可能です。ですが、就職を希望したい会社が就職フェアに参加していることがあらかじめ確認できているならば、履歴書や職務経験書を持って行った方が役に立つことでしょう。履歴書や職務経験書を出すという形で、就職にかける意欲を相手に伝えることができるからです。

それ意外にも、希望する会社が就職フェアに参加していないとわかっていても、履歴書は使い勝手があります。採用を希望する業種があるならば、そういったアピールを履歴書に書いた上で会社側に提出することができるからです。明確な志望動機の書かれた履歴書があれば、採用担当者に自分自身を強く印象づけることが可能です。

就職活動で成功する上で重要な点は、履歴書や態度を通して、自分自身は会社に有益な人材になりえると担当者に伝えることなのです。能力があると思ってもらうことも大事ですが、働く意欲があるかどうかも見られています。企業側も優れた人材を探しに来ています。

ここに就職したいという強い意志が感じられる人間は、就職フェアに送り込まれた採用担当者から見ると、まさに渡りに船というわけです。就職フェアに来てはいないだろうと思っていた会社でも、思いがけず参加していたという展開もあります。いつでも取り出せるように履歴書や職務経験書を携えて就職フェアに参加すると役立つことがあるでしょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。