就職ガイダンス

就職ガイダンスカテゴリの記事一覧

高校生の就職ガイダンス

高校生の就職ガイダンスは大学生を対象とした就職ガイダンスに比べ、開催回数は少ないようです。大学生を対象とした就職ガイダンスよりも内容は若干薄くなるようですが、高校生を対象とした就職ガイダンスは、各地域、各学校などで開催されています。高校生が卒業した後、進学せずに就職する割合は年々下降してきているようです。また、高校卒業後、就職希望者が希望の会社に就職できる割合は高まる傾向にあるようです。

しかし、現実として就職後3年以内の離職率が高まっているのです。このような短い期間での離職率が高い傾向は、送り出す高校側にとっても採用する企業側にとっても、評価が下がる原因になるかもしれません。離職率の上昇傾向を押さえるためにも、高校生向けの就職ガイダンスを有効に活用したいものです。

高校生を対象とした就職ガイダンスは大学生などを対象とした就職ガイダンスとは内容にも若干の違いがあるようです。今から初めて就職をしようとする、まったくの初心者のための就職ガイダンスだといえるのが、高校生を対象にしたものです。大学生などを対象にした就職ガイダンスと、初歩的な説明、案内、手引き、指導、そのために開かれる催しである点においては違いはないといえます。

ただし就職を希望する高校生に対しては、就職活動の支援だけではないのです。そこが大学生とは異なるかもしれません。働くことの意味や目的を、自分自身でよく考える時間を与える場として就職ガイダンスが活用されているようです。

就職ガイダンスと就職セミナー

就職ガイダンスという単語は、就職活動の専門用語です。就職活動に関わる専門用語は就職ガイダンスの他にもいくつかありますが、順調に就職先を見つけるためにもあらかじめ意味を押さえておきましょう。就職活動という言葉から就活と略して使用することもあります。

就職活動は情報戦でもありますので、専門用語などは早めに把握して、それらの単語を駆使して積極的に動くことが成功のコツとなります。初めて就職活動をする人のための就職ガイダンスだけでなく、就職ガイダンスの内容より進めたことを知るには、転職セミナーに行くと有益な情報を得られます。

世の中では、実に色々な就職セミナーが開催されています。学校が主催で行うものや企業が行うもの、内容も業界や会社の説明や、就職活動時に目指すこと、履歴書の書き方や面接方法など、色々です。企業が行うオープン就職セミナーは、その企業がどのような人材を求めているかや職務は何かを伝えるものです。

会社側から学校に出向き、会社の概要を説明するのは学内就職セミナーといいます。大きなホテルやホールにたくさんの企業が集まり、就職活動中の人たちが各ブースを訪れて会社の話を聞けるのは、合同企業セミナーです。会社説明会ともいう企業セミナーは、一社の企業が開催するものです。その会社の業務や採用条件を説明する場です。

就職ガイダンスでは、今後の就職セミナー日程についてを知ることができることもありますし、インターネットなどで調べることも可能です。就職活動の前には、就職ガイダンスを活用して有益な情報を得るようにしましょう。

就職ガイダンスとは

新卒者など、最初に就職をする人のために開催されるものに就職ガイダンスがあります。何をすると就職活動ではいいか、どのような考え方で取り組むべきかを解説してもらえます。特定の内容について、そのことについての経験がない人を集めて基本的な手法を教えたり簡単なガイドをする会合がガイダンスです。

ひとつの例えとしては、テレビやクーラーなどの家電が突如動かなくなってしまった時などは、サポートセンターに電話をするでしょう。どのような型番で、不具合の内容は何なのか。主としてどの部分に不具合が出ているのか。そういったことを、サポートセンターの人に直接話しをする前に、案内に従って番号を押していくことがありますが、こういうものがガイダンスです。

この場合のガイダンスは、ある事柄が家庭用電化製品になります。ガイダンス主は電話の音声誘導であり、サポートの依頼のために連絡をしてきた人に対してガイダンスを行っているものです。就職ガイダンスには、大学内で行われる就職ガイダンスや企業が行う就職ガイダンスのほかにも、公共機関が行う就職ガイダンスなどがあります。

国内の学生だけでなく、留学生を対象にした就職ガイダンスも最近では増えてきているようです。一口に就職ガイダンスといっても、その目的や内容は主催主や対象者によって変わりますので、事前に調べてから行くといいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。