就職内定

就職内定カテゴリの記事一覧

面接後から就職内定まで

就職の内定をもらうまでの道程は、面接が終わってからもまだ続いています。面接終了後にもすることはあるのです。面接が終わっても、結果通知をもらうまでは内定かどうかは決まっていません。いわば、通知直前のギリギリまでが就職活動です。面接を終わらせたら、そう日を空けないうちにお礼の電話を入れましょう。

会社の状況によってはメールでもいい時もあるようです。採用担当者も血と肉の通った人間ですから、肉声で直接感謝の意を伝えることで、相手にいい印象をもらってもらえます。お礼の電話を入れる時には向こうの立場に立って考えながら話すといいでしょう。確実に内定をもらうためには、電話より手紙でお礼をして丁寧な印象を与えるという方法もあります。

就職活動中は実践してみてください。本やネットで調べるとお礼文に書くべき内容は簡単に見つかりますが、内定をもらえためのお礼状ならば、自分なりの個性のある手紙を書く姿勢が重要となります。形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。臨機応変に面接に行った企業のカラーに沿った礼状を考えてみましょう。

逆に、一旦もらった内定を辞退するという場合もあります。そうなったなら、間をおかずすぐに連絡を入れます。この通知もまた丁寧に礼を尽くすのが常識です。他の会社で就職内定が貰えたからといって、ないがしろにしてしまうのは好ましくありません。今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。

就職内定を得る為の面接

面接で好印象を与えることができなければ、内定は得られません。就職内定を得る為には、前日の準備も大切です。働きたいという意志をアピールすることが内定に近づきますし、面接のやりとりも進めやすくなりますので、会社について事前調査を忘れずに。内定が得られるかどうかの違いは、ほんの小さなことからかもしれません。

また、面接日は時間厳守を心がけ、10分前には現地に到着しましょう。服装は相手に不快感を与えないように心がけましょう。遅れてしまっては面接を受ける前から内定を放棄しているようなものですから、最低でも5分前行動で動きましょう。面接会場に着いたら、もうその場から面接は始まっています。待ち時間や受付の人への態度もチェックされている事があるので注意が必要です。

最初の挨拶は、椅子に座っていたら立ちましょう。そして、自信を持って相手と会話をすることが大事です。相手と目を合わせず、小さな声で話していては内定はもらえるはずがありません。就職の意欲を見せ、はきはきとした受け答えを目指しましょう。辞めた会社のことを悪し様に言ったり、過度に自己弁護をしてまわりをおとしめるような態度は控えましょう。

そして、内定をもらうためにはポジティブな姿勢を示すことがポイントです。面接の場では志望の動機を聞かれることが多いですが、その際、新しい会社での展望を語れるといいでしょう。内定をもらうためにも、担当者からこの人と同じ会社にいたいと思ってもらえるよう頑張りましょう。

就職内定を得る為の履歴書

就職の内定を得るためには、まず履歴書の書き方が重要となります。履歴書では誤字脱字は厳禁ですし、間違えたからと修正液で直すのもいいことではありません。また履歴書だけではなく封筒にも気を配りましょう。宛名の走り書きや、しわくちゃの封筒はマイナスイメージを与えてしまいます。内定が取れるか取れないかの境はほんの些細なところで決まってしまうこともあるのです。

ところで意外と見落としがちな履歴書に貼る証明写真です。確実に内定をもらうため、履歴書用のサイズに合わせてまっすぐに切った写真を、ズレやヨレもなく貼ることは最低条件です。内定をもらえるように、撮影された時の服や髪型、表情に対しても気を使うべきでしょう。スーツ着用は大原則といえます。服装によっては私服でも通用しますが、カジュアルな服装や肌の露出の多いものはNGです。

そして、明るい雰囲気の写真になるようにしてください。また、証明写真に写るときの表情は大口を開けて笑っているものは当然だめですが、まじめすぎる表情は暗い雰囲気と感じられてしまうこともあります。ちょっとはにかむ表情で、顎を引き気味の角度で撮影するといい具合になります。一番大事な履歴書の内容についてですが、なるべく明確に書くようにしましょう。書き込める欄はできるだけ埋めましょう。内定をもらうためのファーストステップとして、履歴書での第一印象がよくなるように気を配ってください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。