就職活動のすすめ方

情報の多さが就職活動の命ですので、最初は雰囲気に慣れるところから初めるつもりで、就職情報サイトの流し読み程度で構わないので目を通してみましょう。もしかしたら今まで興味の無かった業種に興味を持ったり、知らなかった職種にちょっと惹かれることがあるかもしれません。就職活動の道は、自分の将来を想像するところから始まるのではないでしょうか。

このほか、就職活動フェアに行ってみるというものも良いでしょう。このチャンスを生かせば、再度自分を見つめ直すことが出来るでしょうし、色々な企業と触れ合うことが可能になります。大勢の面接官や人事の方と就職フェアでは、話したりする機会が得られます。

気が付かなかった自分の長所や短所を自覚する事ができたり、志望の企業を選択する力も付くので、就職活動での強みになるはずです。いろいろと考え込むよりも行動あるのみというのが、就職活動のすすめ方での大切なポイントなのです。就職フェアに参加して就職活動で多くの経験を積んだり、ネットで情報収集したりすることは、就職してからもきっとプラスになるでしょう。

スポンサードリンク

面接後から就職内定まで

就職の内定をもらうまでの道程は、面接が終わってからもまだ続いています。面接終了後にもすることはあるのです。面接が終わっても、結果通知をもらうまでは内定かどうかは決まっていません。いわば、通知直前のギリギリまでが就職活動です。面接を終わらせたら、そう日を空けないうちにお礼の電話を入れましょう。

会社の状況によってはメールでもいい時もあるようです。採用担当者も血と肉の通った人間ですから、肉声で直接感謝の意を伝えることで、相手にいい印象をもらってもらえます。お礼の電話を入れる時には向こうの立場に立って考えながら話すといいでしょう。確実に内定をもらうためには、電話より手紙でお礼をして丁寧な印象を与えるという方法もあります。

就職活動中は実践してみてください。本やネットで調べるとお礼文に書くべき内容は簡単に見つかりますが、内定をもらえためのお礼状ならば、自分なりの個性のある手紙を書く姿勢が重要となります。形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。臨機応変に面接に行った企業のカラーに沿った礼状を考えてみましょう。

逆に、一旦もらった内定を辞退するという場合もあります。そうなったなら、間をおかずすぐに連絡を入れます。この通知もまた丁寧に礼を尽くすのが常識です。他の会社で就職内定が貰えたからといって、ないがしろにしてしまうのは好ましくありません。今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。

就職内定を得る為の面接

面接で好印象を与えることができなければ、内定は得られません。就職内定を得る為には、前日の準備も大切です。働きたいという意志をアピールすることが内定に近づきますし、面接のやりとりも進めやすくなりますので、会社について事前調査を忘れずに。内定が得られるかどうかの違いは、ほんの小さなことからかもしれません。

また、面接日は時間厳守を心がけ、10分前には現地に到着しましょう。服装は相手に不快感を与えないように心がけましょう。遅れてしまっては面接を受ける前から内定を放棄しているようなものですから、最低でも5分前行動で動きましょう。面接会場に着いたら、もうその場から面接は始まっています。待ち時間や受付の人への態度もチェックされている事があるので注意が必要です。

最初の挨拶は、椅子に座っていたら立ちましょう。そして、自信を持って相手と会話をすることが大事です。相手と目を合わせず、小さな声で話していては内定はもらえるはずがありません。就職の意欲を見せ、はきはきとした受け答えを目指しましょう。辞めた会社のことを悪し様に言ったり、過度に自己弁護をしてまわりをおとしめるような態度は控えましょう。

そして、内定をもらうためにはポジティブな姿勢を示すことがポイントです。面接の場では志望の動機を聞かれることが多いですが、その際、新しい会社での展望を語れるといいでしょう。内定をもらうためにも、担当者からこの人と同じ会社にいたいと思ってもらえるよう頑張りましょう。

就職内定を得る為の履歴書

就職の内定を得るためには、まず履歴書の書き方が重要となります。履歴書では誤字脱字は厳禁ですし、間違えたからと修正液で直すのもいいことではありません。また履歴書だけではなく封筒にも気を配りましょう。宛名の走り書きや、しわくちゃの封筒はマイナスイメージを与えてしまいます。内定が取れるか取れないかの境はほんの些細なところで決まってしまうこともあるのです。

ところで意外と見落としがちな履歴書に貼る証明写真です。確実に内定をもらうため、履歴書用のサイズに合わせてまっすぐに切った写真を、ズレやヨレもなく貼ることは最低条件です。内定をもらえるように、撮影された時の服や髪型、表情に対しても気を使うべきでしょう。スーツ着用は大原則といえます。服装によっては私服でも通用しますが、カジュアルな服装や肌の露出の多いものはNGです。

そして、明るい雰囲気の写真になるようにしてください。また、証明写真に写るときの表情は大口を開けて笑っているものは当然だめですが、まじめすぎる表情は暗い雰囲気と感じられてしまうこともあります。ちょっとはにかむ表情で、顎を引き気味の角度で撮影するといい具合になります。一番大事な履歴書の内容についてですが、なるべく明確に書くようにしましょう。書き込める欄はできるだけ埋めましょう。内定をもらうためのファーストステップとして、履歴書での第一印象がよくなるように気を配ってください。

高校生の就職ガイダンス

高校生の就職ガイダンスは大学生を対象とした就職ガイダンスに比べ、開催回数は少ないようです。大学生を対象とした就職ガイダンスよりも内容は若干薄くなるようですが、高校生を対象とした就職ガイダンスは、各地域、各学校などで開催されています。高校生が卒業した後、進学せずに就職する割合は年々下降してきているようです。また、高校卒業後、就職希望者が希望の会社に就職できる割合は高まる傾向にあるようです。

しかし、現実として就職後3年以内の離職率が高まっているのです。このような短い期間での離職率が高い傾向は、送り出す高校側にとっても採用する企業側にとっても、評価が下がる原因になるかもしれません。離職率の上昇傾向を押さえるためにも、高校生向けの就職ガイダンスを有効に活用したいものです。

高校生を対象とした就職ガイダンスは大学生などを対象とした就職ガイダンスとは内容にも若干の違いがあるようです。今から初めて就職をしようとする、まったくの初心者のための就職ガイダンスだといえるのが、高校生を対象にしたものです。大学生などを対象にした就職ガイダンスと、初歩的な説明、案内、手引き、指導、そのために開かれる催しである点においては違いはないといえます。

ただし就職を希望する高校生に対しては、就職活動の支援だけではないのです。そこが大学生とは異なるかもしれません。働くことの意味や目的を、自分自身でよく考える時間を与える場として就職ガイダンスが活用されているようです。

就職ガイダンスと就職セミナー

就職ガイダンスという単語は、就職活動の専門用語です。就職活動に関わる専門用語は就職ガイダンスの他にもいくつかありますが、順調に就職先を見つけるためにもあらかじめ意味を押さえておきましょう。就職活動という言葉から就活と略して使用することもあります。

就職活動は情報戦でもありますので、専門用語などは早めに把握して、それらの単語を駆使して積極的に動くことが成功のコツとなります。初めて就職活動をする人のための就職ガイダンスだけでなく、就職ガイダンスの内容より進めたことを知るには、転職セミナーに行くと有益な情報を得られます。

世の中では、実に色々な就職セミナーが開催されています。学校が主催で行うものや企業が行うもの、内容も業界や会社の説明や、就職活動時に目指すこと、履歴書の書き方や面接方法など、色々です。企業が行うオープン就職セミナーは、その企業がどのような人材を求めているかや職務は何かを伝えるものです。

会社側から学校に出向き、会社の概要を説明するのは学内就職セミナーといいます。大きなホテルやホールにたくさんの企業が集まり、就職活動中の人たちが各ブースを訪れて会社の話を聞けるのは、合同企業セミナーです。会社説明会ともいう企業セミナーは、一社の企業が開催するものです。その会社の業務や採用条件を説明する場です。

就職ガイダンスでは、今後の就職セミナー日程についてを知ることができることもありますし、インターネットなどで調べることも可能です。就職活動の前には、就職ガイダンスを活用して有益な情報を得るようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。