就職活動のすすめ方

情報の多さが就職活動の命ですので、最初は雰囲気に慣れるところから初めるつもりで、就職情報サイトの流し読み程度で構わないので目を通してみましょう。もしかしたら今まで興味の無かった業種に興味を持ったり、知らなかった職種にちょっと惹かれることがあるかもしれません。就職活動の道は、自分の将来を想像するところから始まるのではないでしょうか。

このほか、就職活動フェアに行ってみるというものも良いでしょう。このチャンスを生かせば、再度自分を見つめ直すことが出来るでしょうし、色々な企業と触れ合うことが可能になります。大勢の面接官や人事の方と就職フェアでは、話したりする機会が得られます。

気が付かなかった自分の長所や短所を自覚する事ができたり、志望の企業を選択する力も付くので、就職活動での強みになるはずです。いろいろと考え込むよりも行動あるのみというのが、就職活動のすすめ方での大切なポイントなのです。就職フェアに参加して就職活動で多くの経験を積んだり、ネットで情報収集したりすることは、就職してからもきっとプラスになるでしょう。

スポンサードリンク

就職ガイダンスとは

新卒者など、最初に就職をする人のために開催されるものに就職ガイダンスがあります。何をすると就職活動ではいいか、どのような考え方で取り組むべきかを解説してもらえます。特定の内容について、そのことについての経験がない人を集めて基本的な手法を教えたり簡単なガイドをする会合がガイダンスです。

ひとつの例えとしては、テレビやクーラーなどの家電が突如動かなくなってしまった時などは、サポートセンターに電話をするでしょう。どのような型番で、不具合の内容は何なのか。主としてどの部分に不具合が出ているのか。そういったことを、サポートセンターの人に直接話しをする前に、案内に従って番号を押していくことがありますが、こういうものがガイダンスです。

この場合のガイダンスは、ある事柄が家庭用電化製品になります。ガイダンス主は電話の音声誘導であり、サポートの依頼のために連絡をしてきた人に対してガイダンスを行っているものです。就職ガイダンスには、大学内で行われる就職ガイダンスや企業が行う就職ガイダンスのほかにも、公共機関が行う就職ガイダンスなどがあります。

国内の学生だけでなく、留学生を対象にした就職ガイダンスも最近では増えてきているようです。一口に就職ガイダンスといっても、その目的や内容は主催主や対象者によって変わりますので、事前に調べてから行くといいでしょう。

紹介予定派遣で仕事を探す

紹介予定派遣とは、正社員になることを前提に派遣先で最長6ヶ月間、派遣社員として仕事をします。労働者側は、ここはフルタイムで雇われたい会社かどうかを、派遣されている間に見極めて判断を下します。派遣社員として一定期間働いてもらうことで、会社サイドも、正規に雇うかどうかを判断できます。

そして、あらかじめ決まっていた派遣契約が終わる時に、紹介予定派遣会社が仲立ちして双方の意向を確認するのです。そして、互いに希望が合えば、その人は正社員として引き続き雇われます。会社側が正社員として雇いたくなかったり、契約社員側が雇われたくなかったら、派遣期間が終わった時点でこの話は終わりです。

この紹介予定派遣を利用するには、人材派遣会社へ登録する必要があります。具体的にどの会社に派遣されたいかについては、登録と同時に担当者がついて細かな説明をしてくれつつ、希望条件に合う求人中の会社を見せてくれます。最終的にどの会社に予定派遣を頼むかは、候補にあげてもらったものの中から希望に合うものを選択します。

いい業務と巡り会えたなら、紹介予定派遣会社の仲介で事前面接を行います。普通に派遣会社に登録して派遣に行く場合は面接はありませんが、正社員になることを前提に採用される紹介予定派遣では、事前面接をされます。数多くある求人情報を一つ一つ自分で目を通し、採用されてみなければ会社の本質がわからないような状況で求職活動をするより、紹介予定派遣会社に登録すれば仕事を紹介してもらえ会社の様子見もできます。

ハローワークによる仕事の紹介

ほとんどの人が、新しい仕事を見つけたいと思った時は最寄りのハローワークに足を運びます。ハローワークとは正式名称を公共職業安定所と言い、略して職安、愛称でハローワークと呼ばれています。厚生労働省の行政機関として作られたハローワークは、求職中の人に求人情報を提供したり、雇用保険業務などを行っています。

日本国内の60万件近い求人情報が、ハローワークには集められています。何らかの仕事についている人でも、仕事をしていない人でも、ハローワークに行けば雇用の情報を無料で聞くことができます。また、無料のセミナーなども実施されていて、求職者が就職するための様々な就職支援サービスをハローワークでは提供されています。

また、ハローワークには相談用窓口もあり、就職相談にも乗ってもらえます。ハローワークに赴いて就職活動について相談することで、どんな形で職探しをすればいいか悩んでいた人には、職員が適切な仕事を教えてくれることもあります。むろん、相談窓口で紹介された企業に行かなければならないわけではなく、最終決定は自分自身です。どの求人情報を出している会社に行きたいか決めたら、ハローワークは会社に紹介してくれます。

採用試験前に、応募書類の書き方や採用担当者との話し方の相談も可能です。新しい仕事を探す必要に迫られたなら、ハローワークは就職活動に有益な情報が無料できるとても便利な場所です。

就職支援と労働市場

就職支援について、若者に農業に就かせることを実施すれば、ニート問題は解決すると衆議院議員により発言された事があります。ですが、国内の労働環境は根元からニート問題を解消できるような結論が出ていないというのが現実で、農業支援を行っても急ごしらえの対策にしかなっていないといえます。

ワークシェアリングという、従業員同士で雇用を分け合って各々の労働時間を短くする方法についてもあまり議論される事がないようです。毎日一生懸命働いているのに、最低限の生活水準の維持すら困難な収入しか得られていないというワーキングプア状態にある人もいます。労働者を取り巻く環境については、正社員並に働いても足りないという状況についても何らかの方策を打つべきです。

これまで失業者や貧困者によくあるパターンとは大きく違っているのがワーキングプアで、働く貧困者という名称もつけられており、なかなか重要な課題です。今までとは異なる新しい貧困のパターンとして、ワーキングプアの問題はクローズアップされています。ニートやフリーターだけでなく、他にも様々な労働に関わる問題が表に出てきています。

ニートやフリーターやワーキングプアのいずれも労働市場の性格に関わる問題です。働き手の持つ諸問題、働き過ぎの問題や権利問題、それまでの考え方が通じないほど変わってしまった労働市場の状況と合わせて就職サポートを検討するべきでしょう。企業や政府がいくら就職支援対策をしてくれても、実際就職するのは若者自身なのです。

インターネットでは最新の情報が手に入りますし、フリーの就職情報ペーパーもあります。就職活動に必要な情報は昔と違ってあちこちにあります。国家や会社の支援策は進んでいますがそればかりあてにはせず、働くことを見つめ直してまず将来像を持つようにしましょう。

政府の就職支援対策

国家の就業サポートとは、どのようなことをしているのでしょうか。会社で再チャレンジで求職をしている人を採用した時に行う税の優遇や、表彰制度が内閣官房の再チャレンジ担当室のプロジェクトとして進んでいます。また、公務員のフリーター枠確保もされているようです。

当時の総理大臣だった安倍晋三氏が提唱したものが再チャレンジ支援です。例えば大卒後の進路や大学での就学にくじけた人であっても、何度でも新たにチャレンジができるというものです。フリーターの就職を支えるために厚生労働省が作ったものとして、若者自立塾があります。

3ヶ月から6ヶ月の間、自立を目指す若者達が一つの施設で一緒に暮らしながら仕事の心構えを身につけたりワークショップを行うものです。この就職支援にかかる費用は一部自己負担(10〜40万円)となっています。厚生労働省の目標は、卒業生の7割が半年後迄に就業する事としています。ですが、実際の半年以内の就業率は半分を切っています。

ですが支援内容はまだ足りない部分があり、すべきことはをもっと考えるべきだということを自立塾を運営する法人団体は述べているようです。働き手側の職業への認識や就職意欲が落ちていることが原因だと、文部科学省は見解を出しています。

そこで、就業意識を高めるためのプログラムを主眼に置いて文部科学省は計画を立てています。職場体験では近くのスーパーや保育所などで実際に働いてみたり、生徒の総合学習で予防学習を行うといったプランが作られています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。